1919gogoはビキニ水着盗撮の無修正盗撮動画を高画質で配信

「わぁ、すごいご馳走じゃないすか!」  目の前には、お風呂に入ってこざっぱりとしたビキニ水着盗撮が座っていました。 ピタッと密着したタイトな白いTシャツ越しに、発達した胸の筋肉の形が見えます。  洗髪して濡れた髪が、端正な顔立ちをいっそう際立たせていました。 なんだか年甲斐もなく胸がドキドキしてしまいます。  「北海道に来たら、やっぱり魚を食べなきゃダメよぉ。とにかく新鮮なんだから!全部もらいものだから、遠慮しないで食べてね」  「じゃ、いただきます……なにコレっ、激ウマですね!」  実は昼間に車を飛ばして漁港の市場で買ってきた、一番高いお刺身です。 美味しくないはずがありません。「よかった。都会の人の口に合うかちょっと心配だったけど、安心したわぁ!」  軽くビールを飲ませて上機嫌にさせてから、1919gogoはさりげなく切り出しました。  「なんなら今夜、ウチに泊まってったらいいじゃない? 部屋はあるし、おばさんも一人で不安だったから、そうしてくれると助かるわぁ……」  不安なんてもちろん嘘です。 こんな田舎に悪人なんているはずないし、ここ数年家の鍵をかけた記憶さえありません。  とにかく泊めることさえできれば、あとは色仕掛けで誘惑して、この素敵な男の子をいただいちやうだけでした。  (ええっ、マジですか!? ありがとうございますっ!!)  そんな即答を期待していたのですが、ビキニ水着盗撮が見せた反応は1919gogoの予想とは真逆のものでした。(あれ……なに? この子、急に感じが違う……!?)  「なんとなく、そんな気がしてたんだよね。そんなにセックスしたいんだ?」  「そ、そんな……」  まるで少女に戻ったように、自分の顔が急激に真っ赤に染まっていくのがわかりました。  「親切にしてもらったし……いいよ、しゃぶらせてやるよ」  ビキニ水着盗撮は立ち上がるとズボンのチャックを下ろし、オチンチンを露出させました。 そして呆然と座ったまま1919gogoに近づいてくると、いきなりソレを1919gogoの□にねじ込んできたのです。  「う、うぅ、むぐぅ……」  まだフニャフニャの状態だというのに、そのオチンチンは口の中からはみ出そうなほどの大きさでした。  「さ、あとでたっぷりサービスしてやるから、気持ちよくしてくれよ」  実は1919gogoはフェラチオがあまり好きではなく、夫はもちろん、今までつまみ食いしてきた男の子にさえ、ほとんどしてあげたことがありませんでした。あまりにもいつもと勝手が違い、1919gogoは軽いパニック状態でした。

無修正盗撮サイト 1919gogo入会の詳細はコチラ

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト